基材について

基材について

精油は広範囲に塗布や拡散をするために、また安全に使用するために、原則として希釈して使用します。精油を使用するために希釈、あるいは分散させる「基材」は数種あります。

 

*精油が溶け、使用しやすい基材

植物油、99%以上の非変性アルコール(植物を蒸留したエタノールなど)、軟膏用基材(植物油、ミツロウ)などの油溶性物質

*精油は溶けないが分散させられる基材

水溶性ジェル、80度未満のアルコールなど 

*精油が溶けず分散も難しいため使用不可

水、グリセリン、岩塩、エプソムソルト、酢、その他粘度がない水溶性物質(ウェブサイトなどで使用可能と書いている場合もありますが、精油は親油性なので、これらの物質にはほぼまったく溶けません)