美容オイル

精油の選び方

 目次

今の時代は、インターネットで色んなメーカーの精油を手軽に取り寄せられます。本当に質の良い精油もあれば、残念ながらそうでないものも出回っているのが現状です。質の良くないものを使うと、効果がないだけらなまだ良いのですが、トラブルの原因になることもあります。

安全で効果的なアロマテラピーのためにはどのような精油を使えばよいのでしょうか?
このページでは、高品質な精油の選び方について解説します。

◆精油選びのポイント

◆精油とアレルギー
海外での精油のアレルギー例

◆EUで表示義務のある香料アレルゲンとその濃度
◆精油でアレルギーを起こさないために

 精油選びのポイント

以下の情報を購入前に調べることで、品質の良い精油を手に入れる確率が高くなります。

1.精油のラベルやWebの商品ページなどで確認したい情報(このページ)

2.精油の品質検査がどれくらいきちんとされているか

3.ケモタイプについて書かれているか

​4.製造元や販売元の理念

 
 精油のラベルやWebの商品ページなどで確認したい基本情報

以下は、アロマテラピーで使用する精油で必ず知っておきたい情報です。これらの情報が書かれていない精油はアロマテラピーでは基本的に使用しません。なぜ使用しないのかもこのページに記載しました。

二名法による植物学名

原料植物の栽培方法

精油の抽出方法

原産地

​◆抽出方法

原料植物の抽出部位や生育段階

成分無調整の100%天然精油

ロット番号

使用期限や製造年月

​◆精度の高い成分分析をしているか

 
 二名法による植物学名が書かれている

学名というと難しそうですが、簡単に言うと「万国共通の名前」のことです。

 

国によって同じ植物を別の名前で呼ぶと混乱するので、共通のルールに則って学名を付けることになっています。学名は、基本的には「属名(ぞくめい)」と「種小名(しゅしょうめい)」の二個の単語からなるので、「二名法」と呼ばれます。

 

例えば、アロマテラピーで使う代表的な精油の真正ラベンダーは、日本では真正ラベンダー、英語ではlavender、フランス語ではlavande vraieと呼ばれます。このように国によって、植物の名前は違います。ですが、真正ラベンダーの学名のLavandula angustifoliaは、万国共通で、お互いにこの学名さえ分かっていれば、間違うことがありません。

もし、全く言葉のわからない外国で精油を買いたい時でも、この学名さえ分かっていれば、間違いなくお目当ての精油を買えるという、とても便利なシステムです。

【真正ラベンダーの学名】

Lavandula (属名) angustifolia(種小名)

ちなみに、真正ラベンダーの学名は、Lavandula officinalisと書かれることもあります。officinalisは「薬用の」という意味で、angustifoliaは「狭い葉の」という意味です。どちらも間違いではないですが、最近はangustifoliaを使う方が多いようです。

そんな学名ですが、アロマテラピーをする上では、便利なだけではなく、とても重要な情報になります。

例えば、ユーカリと言えば、風邪や花粉症に有効な精油として知られています。ですが、「ユーカリ」という情報だけでは、アロマテラピーをする上では不十分です。なぜならユーカリには、500種以上の種類が存在し、アロマテラピーにはそのうちの数種類が使用されるからです。

 

ユーカリ・グロブルス、ユーカリ・ラディアタ、ユーカリ・シトリオドラ(レモンユーカリ)などなど、色んなユーカリ精油が存在し、それらはすべて香りや効能が違います。

使用目的に合わせて精油を選びますが、もし、精油のラベルに学名が無く、「ユーカリ」としか記載されていないなら、どんな効果があるのかが分かりません。​ですので、必ず学名のわかる精油を使用しましょう。

 原料植物の栽培方法

精油の原料となる芳香植物については、栽培方法などによって以下のように分類されます。

■オーガニック(有機)栽培

無農薬、無化学肥料で栽培されたもの(使用が認められている天然系農薬もあります)

日本では「有機JAS」が知られていますが、世界にも、ECOCERT(エコサート)・demeter(デメター)などのオーガニック認証団体が存在します。オーガニック栽培と書かれているものは、通常これらの認証団体の公的な認証を取得しています。

■普通栽培

農薬や化学肥料なども使いながら栽培されたもの

■野生

自生している植物を収穫

周囲の環境が汚染されていない場所で収穫されたものは安全に使用できますが、そうでない場合は注意が必要かもしれません。

アロマテラピーに使用する精油は、オーガニック栽培の精油を使用したいです。

ただ、オーガニック認証を取るためには、高額な費用がかかるため、小規模の農家さんは認証を取らないこともあるそうなので、​認証の取れていない原料であっても安心して使える高品質の精油はあります。

また、オーガニック認証が取れている農場の近くに農薬を使う農場があったり、大気汚染、河川の汚染などの影響で、オーガニック認証の取れている精油でも農薬が検出されることもあるそうです。

ですので、残留農薬試験に合格している精油を選ぶというのも良いと思います。

また、生育段階(開花時、完全に成熟した段階など)や部位(茎、果皮、つぼみ、開花した花、開花状態の地上部など)、生育環境(栽培地など)により同じ植物でも抽出される成分がかなり異なる事も多い為、それらを区別して選ぶ必要があります。

​---------------------------

 

◆原料植物の栽培方法

精油の原料となる芳香植物については、栽培方法などによって以下のように分類されます。

■オーガニック(有機)栽培

無農薬、無化学肥料で栽培されたもの(使用が認められている天然系農薬もあります)

日本では「有機JAS」が知られていますが、世界にも、ECOCERT(エコサート)・demeter(デメター)などのオーガニック認証団体が存在します。オーガニック栽培と書かれているものは、通常これらの認証団体の公的な認証を取得しています。

■普通栽培

農薬や化学肥料なども使いながら栽培されたもの

■野生

自生している植物を収穫

周囲の環境が汚染されていない場所で収穫されたものは安全に使用できますが、そうでない場合は注意が必要かもしれません。

アロマテラピーに使用する精油は、オーガニック栽培の物を使用したいです。

ただ、オーガニック認証を取るためには、高額な費用がかかるため、小規模の農家さんは認証を取らないこともあるそうです。ですので、​認証の取れていない原料であっても安心して使える高品質の精油はあります。

また、オーガニック認証が取れている農場の隣が農薬を使う農場だったり、大気汚染、河川の汚染などの影響で、オーガニック認証の取れている精油でも農薬が検出されることもあるそうです。

ですので、残留農薬試験に合格している精油を選ぶのも良いと思います。

また、生育段階(開花時、完全に成熟した段階など)や部位(茎、果皮、つぼみ、開花した花、開花状態の地上部など)、生育環境(栽培地など)により同じ植物でも抽出される成分がかなり異なる事も多い為、それらを区別して選ぶ必要があります。

◆精油の抽出方法

■水蒸気蒸留法

精油を製造する際には、ほとんどの精油が水蒸気蒸留法にて抽出されています。水蒸気蒸留法と言っても、色んな方法があり、使う蒸留釜や抽出する技術者の技術によって、同じ原材料を使っても全く違う成分の精油が出来上がったりします。

​品質の良い精油を製造するためにどのような蒸留条件は以下のようなものです。

1.水蒸気を直接当てない構造の釜を使用する必要がある​

2.精油に精通した技術者が製造する

​3.成分カットや成分調節をしない​

4.時間をかけて温度や圧力を調節しながら抽出する

■圧搾法

オレンジやレモンなどの柑橘系の果皮は主にこの方法で抽出されます。

本来はこの方法で作られた物は厳密にはエッセンシャルオイルではなく、エッセンスと言い、水蒸気蒸留法で抽出されたものをエッセンシャルオイルと言います。

柑橘類の中には、水蒸気蒸留法で抽出された精油も存在しますので、購入前に念のため確認しましょう。

他にも、溶剤抽出法や超臨界流体抽出法などが存在しますが、溶剤抽出法は、抽出の際に使用した溶剤が残留していることがありますので、使用の際は注意が必要です。超臨界流体抽出法は、1980年代に導入された方法で、溶剤の残留の心配はなく、製造過程の熱や水による成分の変質はないですが、水蒸気蒸留法などと抽出される成分が異なりますので、使用の際には成分分析表を確認してから使いたいものです。

★精油の抽出方法に関して、より詳しい説明はこちら⇒

◆原産地

精油の原料植物が収穫された地域を確認しましょう。植物は、生育環境によって、含有する成分に大きな差が出てきます。例えば、ローズマリーは一般的に、フランスのプロヴァンス地方のものはカンファーという成分が多く、コルシカ島のものはヴェルベノンという成分が多く、北アフリカ産のものは、1.8シネオールという成分が多いと言われています。(その年の天候によって含有成分は変わりますが、全体的な傾向として)

当たり前のことですが、成分が違う=効果が違う、ということです。

ティーツリーならオーストラリア、ラヴィンサラならマダガスカル、など原料植物の生育に適した土地で育ったものを原料とした精油を使うことで、効果的なアロマテラピーを行いやすいです。

アロマテラピーのための本に、原産地が書かれているものもありますので、調べてみてください。

◆原料植物の抽出部位や生育段階

精油が原料植物のどの部位から抽出されたのかを確認しましょう。例えば、セイロンシナモンは、Cinnamomum verumという植物の「樹皮」から抽出されます。これが「葉」から抽出されたものだと、全く違う香りの精油になります。

また、同じ植物でも、花の咲く前と後、実のなる前と後などで、成分が変わってきます。例えば、セージですと、開花前より後の方がケトン類のツヨンの含有率が低くなり、1.8シネオールの含有率は高くなります。

ちなみに、セージの精油はフランスでは、一般販売が禁止されている精油ですので、使用しない方が良いです。

使用しない方が良い精油、注意が必要な精油について詳しくはこちら⇒

◆成分無調整の100%天然精油

 

​アロマテラピーで使用する精油は、必ず100%天然の物を使用します。

 

ただ、世の中に出回っている精油は天然100%と謳いながら、合成香料を入れている製品も出回っていたりします。または、ローズ精油に香りの似たゼラニウムを混ぜてローズ精油として販売したり、真正ラベンダー精油に安価なラバンジン精油を混ぜたりしているものも出回っていると言われています。

あるいは、ティーツリー精油に、同じメレレウカ属から抽出したテルピネン4オールという成分を足したり、ベルガモットから光毒性のあるベルガプテンを除去したり、人為的に調整されたものも出回っています。

これらは、天然100%ではありますが、アロマテラピーのための精油とは言えないと思います。

アロマテラピーで使用する精油は、成分無調整の完全蒸留の精油を使用します。

------------------------------------

今西二郎 著 『補完・代替医療 メディカル・アロマセラピー』 金芳堂、2006年

には、精油製品は次の3つのグレードに分けられるとあります。

【1】インダストリアルグレード:

産業用に使用され、合成香料が含まれる。不純物が含まれ、直接肌に使用した場合、炎症などを起こす可能性が高いので、アロマテラピーには使用しない。


【2】100%ピュア&ナチュラルグレード:

合成香料は含まれないが、残留農薬についての保証はない。


【3】オーガニックグレード:

有機栽培された香料植物から採取され、残留農薬は含まれない。アロマテラピーで利用される。ヨーロッパでは、国際有機認証機関であるECOCERT(エコサート)の認証がある。

​------------------------------------

日本では、精油は雑貨として販売されており、おそらく【1】~【3】までの精油が区別なく販売されていると思われます。

ぜひ、アロマテラピーに適した精油を使用してください。

精油の偽和について詳しくはこちら⇒

◆ロット番号

 

ロット番号、ロットナンバー(Lot number)、バッチナンバー(Batch number)とも言われます。ロット番号は、いつ、どの工場のどの生産ラインで生産されたものかなどを追跡するために使用される番号のことです。この番号を調べれば、どこの原材料を使用したか、という情報まで辿りつける重要なものです。

通常、精油の瓶や成分分析表に書かれています。精油の瓶に書かれている内容と成分分析表のロット番号が一致することを確認します。一致しないもの、あるいはロット番号が書かれていないものは、アロマテラピーに使用するのは避けましょう。

成分分析表についてはこちら⇒

◆使用期限や製造年月

 

精油の使用期限や製造年月を確認しましょう。使用期限の場合、下記のように書かれているものが多いです。下記の場合、2025年1月までの使用期限となります。

Exp:01/2025

 

ただし、あくまで、正しい保管場所に保管された未開封の場合の期限です。開封してしまったら、期限内であっても、劣化して使えなくなるものもあります。あるいは、サンダルウッドなど樹脂系の精油であれば、期限以降であったとしても、問題なく使用できるものもあります。

精油の保管や使用期限についてはこちら⇒

​◆精度の高い成分分析済

 

アロマテラピーに使う精油は安全性を確保するために、高精度の成分分析をしている必要があります。

成分分析について詳しくはこちら⇒